読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

離婚を回避したいのなら浪費癖を治さないと

離婚を考える原因に、お金の使い過ぎがあります。 女性だとお洒落をするために化粧品とか、新しい服とかを購入するでしょう。 ストレス発散や日々のご褒美に、甘いスイーツを食べ歩く人もいますよね。 男性だったらプラモデルの部品を購入したり、車をカスタマイズする部品を集めたりするでしょう。 勿論女性がプラモデルを購入したり、男性がケーキを食べたりすることもあるでしょう。 自分の趣味や娯楽にお金を使うのは悪いことではありません。 それは貴方を安定させるための要素ですから。 でも、使いすぎたら生活費が無くなります。 そして生活苦に陥って喧嘩が耐えなくなり、やがて離婚へと繋がります。 自分の事だけを考えてお金を使いすぎると、自分も相手も辛い思いをします。 1人暮らしなら自分のためだけにお金を使ってもよかったかもしれませんが、相手がいる場合はそうはいきません。 お金の切れ目が縁の切れ目になるからです。 ですから多趣味でよく買い物をする人は、離婚に繋げないように浪費癖が無いかしっかり認識しましょう。 そして必要の無い物は買わない努力をして下さい。 生活苦に陥る前に生活態度を改められれば、今まで自分本意にお金を使った事を許して貰えます。