メイクが落ちやすい夏でもメイクをキープするために

夏はその暑さから汗を沢山掻きますね。 代謝が悪いと体内に熱が籠ってしまうのでそれはそれで大変ですが、代謝の良い人は良い人で滝のように汗が出てしまうので気分が悪いでしょう。 額から流れ落ちる汗を定期的にスポーツタオルで拭わないとなりません。 それと、汗を掻くとメイクもどんどん落ちてしまいます。 アイメイクは滲んでパンダ目になりますし、アイブローの色が落ちて気がついたら眉毛がなくなっていたなんてこともあります。 また野外に長時間いたら汗でファンデーションが落ちてしまい、ほぼノーメイク状態なんて事態にも陥ります。 溶け出したファンデーションが塗られている顔は、テカテカしていて脂っぽいので困りますね。 メイクの大敵とも言える夏に、化粧乗りを良くするには保湿を念入りに行う事が大切です。 保湿をすることでメイクの持ちがよくなります。 それから下地を塗ってすぐにファンデーションを塗るのではなく、少し時間を置いてからベースメークを始める方が効率的です。 下地は塗った直後よりしばらくしてからの方が皮膚に浸透します。 肌に浸透した状態からメイクを始めた方がムラなく塗る事が出来て、暑さでメイクが崩れるのを防げ「美しい容姿を手に」入れられます。 また首を冷やすと汗を掻きにくくなります。 なので化粧をする前や外出前に冷やして置くと、マスカラが流れ落ちる心配を減らせます。