読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリームチークをグロスの代わりに使おう

クリームチークは性質的に感触がヌルヌルしています。 なのでグロスの代用品として、リップに使用するすることも出来ます。 粉チークだったら唇には塗れませんから、クリームチークは利便性があります。 しかも元は頬に使う目的で作られた美容品なので、自然で血色の良い赤い唇になります。 また口紅とは使われている成分が違うので、アレルギー体質で合う口紅が少ない人でも使えます。 現代では「チーク+リップ」用の商品も売られているので、1つ持っていると便利だと思います。 それに頬と唇の色を同じにすると、顔の色に1定感が出るのでバランスが良いです。 バラバラなピンクを乗せるよりも、見た目が安定します。 チークを口に使う場合は、塗る前にリップクリームで潤いをチャージしてからにしましょう。 その方がチークが唇にきちんと乗ります。 さらにファンデーションで、唇の色を消してから塗るとより綺麗に色が付きます。 チークを代用する場合に限らず、リップメイクをする時は色を消してから塗る方が綺麗に仕上がります。 特に赤などの濃い色を使うなら元の色がない方が馴染むので覚えておきましょう。