読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肩こりは原因によって治し方がちょっとずつ違って来ます。

辛い肩こりを治すには、肩こりの原因に沿った治し方を試しましょう。 今回は眼精疲労による肩こりの治療法を、紹介します。 はじめに眼精疲労についての説明ですが、その名の通り目が疲れる事を指します。 現代の人はちょっとした事でも、インターネットで検索して調べますよね。 またアプリを起動して遊んだりメールで頻繁にやりとりをする等、電子機器の画面を眺めている時間が長くなっているでしょう。 そうなると目を酷使する事になるので、眼精疲労を引き起こしてしまうのです。 そしてその眼精疲労のせいで、肩がこります。 そもそも何故目を酷使すると眼精疲労が起こるのかですが、目を使いすぎる事で目の筋肉が強張り血液の流れも悪くなってしまうからなのです。 なので定期的に小休憩を挟んで、目を疲れさせないようにしましょう。 それと目の周りを揉み込むと疲れが取れるので、休憩中にマッサージもしておいて下さい。 それから上目使いをしていると乾燥するので、画面は目線を落とした位置で見れるように調整するのが望ましいです。 肩こりは大元から改善して行く事で、偶発しなくなります。 逆に湿布を貼って1時的に治ったとしても、根本的な原因を解決しない限りはまた痛み出してしまうでしょう。 ですからパソコンやスマートフォンばかりを使っている人は、目の疲れを防いで同時に肩こりも予防して下さい。