読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肉食ダイエットには、ラム肉等のL-カルニチンが多いお肉を選ぼう

ダイエット中にお肉を食べるのは厳禁、そんな理屈を覆す肉食ダイエットが流行っています。 その肉食ダイエットは肉を好きなだけ食べて痩せる驚きの最新ダイエット方法!なのですが、多少の制限は有ります。 それはお肉の種類や調理方法に、気を付けて食べるという物です。 お肉の種類は、L-カルニチンが沢山含まれている物が良いでしょう。 なぜならL-カルニチンは、脂肪を燃やせるからです。 L-カルニチンが多いのは、マトンやラムといった羊のお肉になります。 しかし牛肉も羊肉の次に多いので、特有の臭みが苦手な人は牛肉を食べましょう。 それから部位は、脂身の少ないところを選びましょう。 牛肉だったらロースやモモ、豚肉だったらヒレあたりがオススメです。 それと調理方法には焼いたり蒸したりするシンプルな物を選び、味付けは塩とコショウのみにする等工夫して下さい。 パン粉を付けて揚げたり、マヨネーズをかけたりするとカロリーが高くなるので控えるべきです。 そしてダイエット中でも美味しくお肉を食べられるメニューは、「ラム肉のハーブソルト和え」や「牛肉のサヤインゲン炒め」でしょう。 ラム肉のハーブソルト和えはラム肉にコショウとハーブソルトを振りかけてフライパンに並べて焼き、白ワインとレモン汁を和えたスッキリとした料理です。 牛肉のサヤインゲン炒めの方は、牛肉とサヤインゲンを炒めた料理になるのです。 野菜も一緒に取れるのはもちろん、茶色い牛肉の中に鮮やかな緑色のサヤインゲンが入る事で見栄えが良くなるという利点も付いて来ます。