読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分に合う枕を使うと「いびき」を解消出来る

枕って種類が沢山ありますね。 そば殻が入っていてジャリジャリしている枕や、クッションのようにフワフワの枕、木を使って作られた固めの枕まで実に豊富です。 また人が枕を選ぶのに決まり事はないので、各々好きな物を使って寝る事が出来ます。 中には枕を使わない人もいるでしょう。 ですが、枕の高さが自分に合っていないと「いびき」をかいてしまう危険も有るのです。 枕の高さが合わないということは、頭部の位置が不自然ということになります。 高すぎるのは喉が塞がってしまい、呼吸がしにくくなります。 そのせいでいびきをかいてしまいます。 かといって低すぎるのも、肩や首を痛めるので良くありません。 だからいびきをかかずに安眠するためにも、枕の高さを自分の頭に合わせる必要があります。 寝ている間に枕を外してしまう人や、頭との間に手を入れて寝ている人は高さが合っていなかもしれません。 枕の高さの違いなんて、少ししか変わらないと思う人もいるでしょう。 しかしほんの数ミリから数センチの高さで、寝心地が変わるものです。 ですから少しでも違和感があるなら、別の枕を使うなりタオルを敷いて高さを調整するなりしてみましょう。 最近は使用者にフィットする枕を作ってくれる専門店もあるので、そのような店で購入するのも良いですね。 ショッピングセンターのテナントとして入っている事が多いので、気軽に足を運べると思います。 高さだけじゃなくて素材もピッタリの物を選べます。