読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家事を手伝うことが離婚を回避することに繋がっていく

夫婦の家事を分担しないのは、離婚するきっかけを作りかねません。 旦那さんは、家事は女のする仕事だと思っていませんか。 奥さんの方が働きに出ている家系では、家にいる旦那さんが家事をするものだと決めつけていませんか。 確かに家に居て時間がある方が、家事を担当するのは間違えではありません。 ですが家事は体力や時間をそれなりに奪うのにも限らず、無賃で働かなくてはなりません。 そのため家事に対して無関心でいられると、気持ちが揺らぎます。 頑張っているのにそれを当たり前だと思われて労って貰えないのは、ストレスになります。 そしてどんどん不満が積み上がって、いつか離婚したいと思うようになるのです。 「家に居るんだからご飯を作れ、女だから掃除をしろ」という押し付けに近い考え方は、相手にプレッシャーを与えてしまいます。 ですから妻や夫に許してもらい離婚を回避するためにも、家事に対する堅い考えを捨てて手伝えることは手伝って下さい。 自分は働いているからやらなくていいと考えるのではなく、相手も頑張っていることを認めて互いに協力して生活して下さい。 少しずつでも相手に熱意が伝われば、同じ家で暮らす仲間だと感じられれば、今まで家事をしなかったことを許して貰えます。 そして再出発を果たせるでしょう。